エンタメ

虹プロジェクトファイナルの課題曲と結果は?デビューメンバーもネタバレ!

朝の情報番組『スッキリ』の【虹プロジェクト】のコーナーが毎回話題になっています!

最終メンバーに選ばれるメンバーも気になりますよね(*^^*)

そこで今回は

【虹プロジェクト】ファイナルのチーム分けと課題曲は?

【虹プロジェクト】ファイナルステージ1回戦・オリジナル曲対決!

【虹プロジェクト】ファイナルステージ2回戦・デビュー曲同曲対決!

【虹プロジェクト】ファイナルの結果は?デビューメンバーも!

を調べてみました。

Sponsored Link

【虹プロジェクト】ファイナルのチーム分け


韓国合宿では個人レベルテスト・チームミッション・3チームバトルそれぞれのミッションを終え、残すところはファイナルミッションだけとなりました。

ファイナルステージのミッションは2チームのバトルです。

各チームの紹介をします♪

マヤチーム

ガールズグループらしい絶妙なバランスのマヤチーム♪

・マヤ(キューブ3個)

・リク(キューブ2個)

・リマ(キューブ3個)

・ニナ(キューブ3個)

・ミイヒ(キューブ3個)

・マユカ(キューブ2個)

演技力も素晴らしく、実力も美しさも兼ね備えたチームリーダーのマヤさんを筆頭に、韓国合宿で一番成長したとJYParkさんに努力を絶賛されたリクさん。

ステージの上で楽しむことを誰よりも忘れてないリマさん。

高音の歌声が安定の高評価ですが、ダンスの成長が課題のニナさん。

とにかく可愛く韓国合宿ではセクシーさも見られたミイヒさん。

前回のチームバトルミッションではカッコよく自分を表現したマユカさんの6人のチーム構成になっています。

もういつでもデビューできそうな実力派で構成されています。

マコチーム


エネルギッシュなで個性あふれるマコチーム♪

・マコ(キューブ3個)

・ユナ(キューブ1個)

・リオ(キューブ3個)

・アカリ(キューブ2個)

・リリア(キューブ1個)

・アヤカ(キューブ2個)

歌やダンスだけでなく精神までも準備が整っているマコさんをリーダーに、グループのリーダーにもなれる素質のユナさん。

ダンスだけでなく歌も更に磨きがかかったリオさん。

個人ミッション最下位から一気に力を付け、存在感を見せたアカリさん。

感覚もよく歌にダンスに成長著しいリリアさん。

ダンスの精度も凄くかわいいルックスで人気のアヤカさん。

こちらも実力ある6人のチームとなっています。

【虹プロジェクト】ファイナルの課題曲は?

ついにファイナルミッションの曲が発表されました!

・チームごとのカラーに合わせて書き下ろしたオリジナル曲。

・JYParkさんの作った虹プロジェクトのデビュー曲となるオリジナル曲。

の2曲だと分かりました。

同じ曲でチームで競い、テーマやカラーの違う曲で更に審査をするとは、オーディションを熟知したJYParkさんの考える事は凄いですね。

オリジナル曲だと曲の潜在的なイメージもなく、各チームの個性を存分に出すことができますね。

またファイナルミッションでは課題曲とは別に虹プロジェクト練習生の為に作られたの『Baby I’m a Star』の全員のパフォーマンスを披露。

12人のパフォーマンスは人数の多さを感じさせないまとまりのある、もうデビューメンバーのパフォーマンスなのかと思う程の仕上がりに。

デビュー人数も決まっていないと言い続けてきたJYParkさんですが、これは12人揃ってのデビューも見越してのパフォーマンスなのかな?とも感じてしまいました。

誰がデビューメンバーに選ばれるのか、パフォーマンスを早く見たい気持ちでいっぱいになります。

ファイナルステージ1回戦・オリジナル曲対決

虹プロジェクトファイナルはJYParkさんがメンバーのイメージに合わせて書き下ろした曲で2チームが2回対戦します。

JYParkさんはステージで『Baby I’m a Star』を披露したメンバーに今まで悩んで心配していた事は全部忘れて最後のステージを楽しんでと激励!

最初の対決は各チームのカラーに合わせて書き下ろしたオリジナル曲対決です。

自分のチームのカラーを一番うまく表現したチームがいい評価をもらえる事になります。

マコチームのパフォーマンス

マコチームの為に作られた曲名は『虹の向こうへ』。

各チームのイメージに合わせて作った曲を初めて聴いた時の練習生は、曲のかっこよさや人生初の自分たちの為に作られた曲に喜びます。

明るくエネルギッシュなイメージで、アップテンポのかっこいい仕上がりになっています。

マコチームのパフォーマンスは

一人一人が実力を出すことができるのか?

今まで磨き上げてきたものを思いっきり見せる事ができるのか?

生き生きとしたパフォーマンスが出来るのか?

という点に注目が!

マコさんを中心としたチームは緊張の高まる中、高難易度のダンスや歌のパフォーマンスを見せました。

評価

TWICEモモさんの評価

明るいカッコいい曲に個人個人の表現ができていていた。

練習を沢山したのが伝わってきてよかった。

と優しい口調に練習生もほっとした表情を見せました。

2PMウヨンさんの評価

皆さんの明るい姿に気分が良くなった。

とても緊張しているように感じて、先の事を考えて評価するとしたらもう少し慎重な判断が必要なステージだったのでは。

と先輩としての厳しく冷静な評価に、練習生の表情が曇ります。

JYParkさんの評価

ここまでのパフォーマンスを見せてくれた練習生を誇りに思う。

マコさんについては、練習生のレベルではない仕上がりで歌もダンスも素晴らしいが特に歌を褒めたい。

マコさんに劣らず練習生のレベルではないダンスを見せたリオさんも、課題だった歌も上手だった。

6人の中で一番実力が劣っていたアヤカさんも成長が著しい。

あとの3人も上手だったけれど、最初のパフォーマンスで緊張がもったいなかった。

マコさんについては、チームを支えリーダーとしても評価されました。

緊張することなく次の対戦では心から楽しんで欲しいと、さらに良いパフォーマンスを期待した評価をしたのでした。

緊張による悔しさが残ったマコチームのパフォーマンスでした。

マヤチームのパフォーマンス

マヤチームの為に作られた曲名は『BoomBoomBoom』。

各チームのイメージに合わせて作った曲を初めて聴いたメンバーは、カッコよくてGiRlCrushな曲で好きな曲で挑戦してみたい曲と喜びます。

また逆に今までに挑戦した事のないタイプの曲だと不安がっているミイヒさんの表情も印象的でした。

マヤチームの曲は自分を貫く意志や決意を表現した曲となっています。

マヤチームのパフォーマンスは

曲に対する理解力と表現力をどれだけ高める事ができるのか?

オリジナル曲に対するそれぞれの思いを1つにできるのか?

苦手意識を持たずに自分のパフォーマンスができるのか?

という点に注目が!

マヤさんを中心としたチームは緊張の高まる中、かわいさとかっこよさを兼ね備えた新しいタイプのダンスや歌のパフォーマンスを見せました。

評価

TWICEモモさんの評価

可愛い感じかなと思っていたのがかっこいいコンセプトに驚いた。

良いパフォーマンスだった。

との評価でしたが練習生の表情は緊張に包まれていました。

2PMウヨンさんの評価

何よりも自分が舞台に立ちたいと思い、楽しもうという気持ちを一番にもたなくてはいけない。

評価を受ける立場で緊張しているのは分かるけれどもっと楽しんでもいいと思う。

とマコチームに続き、マヤチームも緊張していて自分のパフォーマンスが出来ていないのでは?という指摘を受けてしまいます。

練習生の表情は更に硬くなってしまいます。

JYParkさんの評価

チームとしてはマヤチームの方がマコチームより上手だった。

でもそれはチームにキューブを3つ持つメンバーが4人もいるマヤチームとしては当然の事。

マコチームには飛びぬけて上手いA+評価のメンバーがマコとリオの2人いたけれど、マヤチームにはそういう存在がいなかった。

リマとリクがA+には届かなかったけれど動作を大きく早く出来ていて、力を抜いた状態でダンスができていて良かった。

更にマヤさんは上手にしようとして力が入りすぎている事を指摘されます。

ニナさんもダンスが苦手という意識から力が入りすぎているけれどもう大丈夫だから自信を持ってとアドバイス。

そして話はミイヒさんに。

ミイヒさんは韓国合宿個人ミッションで1位になってから、自信を持って実力を発揮する事ができていない。

だけどミイヒさんが自信を持ってパフォーマンスができればミイヒさんに勝てる人はいないと笑顔でアドバイスします。

最後のステージでは楽しんで思いっきりパフォーマンスをしてと激励されるのでした。

このように2チーム共に緊張しているとの指摘を受ける事に。

審査結果

両チームのパフォーマンスが終わり、審査委員長のJYParkさんとウヨンさん、モモさんにによる審査が。

勝利したのはマヤチーム!

発表された時のマヤチームの練習生は信じられないという表情を浮かべながら、勝利を喜びます。

マヤさんもまさか勝てるとは・・・とコメントし、今までの緊張が急にこみ上げたように涙を浮かべます。

そして次の舞台では指摘された部分をすべて直して楽しんで、また勝利できるように頑張りたいとも語りました。

JYParkさんはマコチームを、ウヨンさんとモモさんがマヤチームを選んだという事でマヤチームの勝利となったこの対戦。

JYParkさんはマヤチームの潜在能力を知っているので、緊張により力を出し切れなかった事を残念に感じたのですが、ウヨンさんとモモさんは客観的にチームを見てそうなったと審査内容を付け足しました。

そしてJYParkさんは最後のパフォーマンスは思い切り楽しんで!

と練習生に笑顔で激励するのでした。

見ていてどちらのチームも素晴らしいパフォーマンスだと思いましたが、練習生は評価され審査する方は選ばないといけないし、順位を付けなければいけない。

その双方の緊張も伝わりますね。

【虹プロジェクト】ファイナルステージ2回戦・デビュー曲同曲対戦

ファイナルステージ2回戦はJYParkさんの作った虹プロジェクトのデビュー曲となるオリジナル曲で両チームとも同じ曲をパフォーマンスします。

オリジナル曲なので、音源だけで見本とするパフォーマンスがないのは1回戦と同じです。

両チームとも曲の解釈や個性が違うので、同じ曲でも全く違ったパフォーマンスになるのではという期待が高まります。

2回戦では、このデビュー曲となるオリジナル曲をいかにうまく表現するか?

練習生の為に作った曲なので、一番自分らしい姿を見せなければいけない。

同じ曲で対戦する事により、比べられそうで怖いといった気持ちも。

という所がいい評価を受けるポイントとなっています。

JYParkさんの作った2回戦の曲名は『Make you happy』

作詞作曲共にJYParkさんが作られています。

マコチームのパフォーマンス

練習生もとにかく明るく、ダンスが上手い子が集まっているのでパワーで見せたい。

そう語るリーダーのマコさんを中心に、練習時間以外でも細かい所を調整しチームワーク抜群の仕上がりに。

トレーナーにも凄くよく練習したと高評価を受け、絶え間ない練習の成果を見せます。

そして迎えた本番。

一回戦で緊張を指摘されたメンバーですが、二回戦のパフォーマンスはまるで別人のような一人一人が堂々と、自分らしいパフォーマンスを見せました。

一回戦よりはるかに良かったと呟くウヨンさん、全然違うと驚きの声をあげるモモさん。

審査前にもそういう一言がもれる程の素晴らしいパフォーマンスでした。

評価

TWICEモモさんの評価

チームワークもエネルギーも一回戦とは本当に違っていて最初から最後まで本当にビックリするステージだった。

と驚く表情をみせました。

2PMウヨンさんの評価

とにかくびっくりした。

本当にたくさん練習して、楽しんでいて本当に自信を持ってパフォーマンスしていた。

と前回の厳しい評価から一転、笑顔での評価となりました。

JYParkさんの評価

このパフォーマンスは今期待できる最高のパフォーマンス。

チーム6人が本当に1つのチームに見えた。

マコのいるチームはいつもチームワークが素晴らしかった。

このステージではみんな褒めてあげたい。

他の参加者のお手本になってプロジェクトの力になりこのプロジェクトの力になった優れたリーダーシップのマコさんへの高評価はマコさんにとっても何より嬉しい事ですよね。

隣にいたユナさんが手をつないでいたところもなんかほっこりしました(*^^*)

アヤカさんには最初の地区予選の姿と今のパフォーマンスを比べると沢山の人が驚くと思うと、夢の為に努力を重ねたアヤカさんを高く評価しました。

ユナさんには緊張していて上手くできない事もたくさんあったけど、パワフルな歌声でていて本当に嬉しかったと自分のパフォーマンスを見せる事ができたユナさんも高く評価しました。

リリアさんはとても速く素早いパワフルさ、アカリさんは明るくて元気な姿が見えたとそれぞれを評価します。

そしてこのステージで一番良かったパフォーマンスはリオさんのパフォーマンスだとJYParkさんは続けます。

歌の成長のレベルが期待以上で表情とダンス全部が生きていると絶賛します。

見ていて本当に素晴らしいパフォーマンスでかわいいとパワフルの両面から素晴らしパフォーマンスで、JYParkさんからもみんな上手だったと評価を受けホッとしましたね。

マヤチームのパフォーマンス

ボーカルやラップが強みでバランスのとれたチームでマコチームとは違う輝きを放つマヤチーム。

ですが、マコチームに比べるとパワーが足りないとトレーナーに指摘。

ポイントもないし力がなさそうと比較をされる事にプレッシャーを感じてしまう場面も。

そんな時リーダーのマヤさんを中心に一人一人の応援歌でもあり聴いてくれる人に元気を与える曲でもあるからこそ、自分たちの半年間頑張ってきた感情をこめて届けよう。

みんなに元気とハッピーとポジティブな力を与えるという気持ちを再確認し不安を払拭します。

マヤさんもマコさんもチームリーダーとして本当に素晴らしい役目を果たしてきましたね。

そして迎えた本番のパフォーマンス。

緊張や不安を吹き飛ばし、各自の魅力を全部出し切ったキラキラと輝くパフォーマンスになりました。

評価

TWICEモモさんの評価

エネルギーも一回戦と全然違うし、表情もすごくよくて表現力も良かった。

マコチーム同様に仕上がりに驚くモモさん。

2PMウヨンさんの評価

振り付けや動線などどれだけ一緒に練習していたのかよく分かった。

1つのガールズグループをみているんだと思った。

こちらも一回戦の緊張のパフォーマンスから自分を出し切ったパフォーマンスに高評価のウヨンさん。

JYParkさんの評価

短期間でここまでのパフォーマンスに仕上げたマヤチームに6人全員本当に上手だった。

マヤさんは本当に自分の曲のように自信を持ってこの曲のすべてを表現できた事がたくさん練習してどれだけ成長したのか証明してくれた。

この曲のパフォーマンスだけではリクさんが最高で歌もダンスも上手で指摘するところが見つからない。

とチーム全体の仕上がりを高く評価します。

また韓国合宿がで忘れられないのが個人ミッションでのミイヒさんの『Nobody』だと話すJYParkさん。

ミイヒさんの才能と可能性はどこまで伸びるのかもっともっと成長してほしいという気持ちが強くなったと、ミイヒさんの才能と可能性を認め、高く評価します。

リマさんは課題だったラップの典型的な表現が全くなくて、完全にスターのように見えキラキラと輝いていたと絶賛。

マユカさんには心からダンスを楽しんでいて良かった歌も安定していて上手だった。

特に良かったのはラップで速いリズムがすべて正確だったとこちらも高評価。

ニナさんには歌のレッスンも受けていなかったところから期待していた最高レベルまで来たと全員に対して良かった事をにこやかに話しました。

このようにどちらのチームにも高評価をしたJYParkさんなのでした。

練習生が実力を出し切れた2回戦でした。

審査結果

ウヨンさんはマヤチームに、モモさんはマコチームに。

勝利チームの選択が分かれJYParkさんがどちらのチームを選択するのか、注目が集まりました。

そしてJYParkさんはわずかな差であると言い、マコチームを選択します。

2回戦の勝利チームはマコチームに!

そして今日この舞台に6人で立てた事が本当にうれしい、悩んでいる事を乗り越えられたと喜びを語るマコさんの笑顔が本当に素敵でした(*^^*)

【虹プロジェクト】最終結果メンバーが韓国で目撃?顔写真流出と話題!【虹プロジェクト】の韓国合宿の新しいミッションも始まり、デビューメンバーに誰が選ばれるのか気になります(*^^*) そんな中、【虹...

【虹プロジェクト】ファイナルの評価基準は?


ファイナルステージでは、韓国合宿での3つのパフォーマンス、練習を半年間サポートしたトレーナーの評価、そしてファイナルステージの総合評価で個人順位が付けられます。

現在キューブを3個持っているメンバー

マコ

マヤ

リオ

リマ

ミイヒ

ニナ

は最終ミッションでキューブ獲得すればデビューが決定します。

キューブが1つや2つの練習生も成長や成果が認められ、追加のキューブをもらう事が出来ればデビューできます。

JYParkさんも最後までメンバーは分からない、決めていない。

心を開いて待っていると言っていたように最後の最後までデビューメンバーが分からなくてドキドキが止まらない展開となっています。

【虹プロジェクト】ファイナル個人順位発表!

ファイナルミッションの順位は

1位 マコ

2位 リク

3位 リマ

4位 リオ

5位 マヤ

6位 ミイヒ

7位 マユカ

8位 アヤカ

9位 ニナ

という順位になりました。

Sponsored Link

【虹プロジェクト】デビューメンバー発表!

このような順位となりデビューメンバーは

マコ

リク

リマ

リオ

マヤ

ミイヒ

マユカ

アヤカ

ニナ

この9人に決定しました。

そしてグループ名は『NiziU』に決定!

にじゅうと読み、あなたが必要です(need you)という意味も込めて付けられました。

そして2020年6月30日に『Make you happy』でプレデビュー決定!

残念ながらメンバーに選ばれなかったのは

アカリ

ユナ

リリア

の3人です。

12人の少女の健闘にとりあえずお疲れ様と言いたいです。

今後の活躍を見守りたいと思います。

【虹プロジェクト】のHuluの最終回結果をネタバレ!動画配信はいつで何時?朝の情報番組『スッキリ』の【虹プロジェクト】のコーナーが毎回話題になっています! 最終メンバーに選ばれるメンバーも気になりますよね...