エンタメ

【かぐや様は告らせたい2期】11話ネタバレ感想!石上の過去が明らかに!

「かぐや様は告らせたい?」11話が放送されました。

毎回のかぐやと白銀の恋の行方が楽しみですね(*^^*)

そこで今回は

【かぐや様は告らせたい2期 】11話:『そして石上優は目を閉じた③』あらすじネタバレ

【かぐや様は告らせたい2期 】11話:『白銀御行と石上優』あらすじネタバレ

【かぐや様は告らせたい2期 】11話:『大友京子は気づかない』あらすじネタバレ

【かぐや様は告らせたい2期 】11話:感想

について書いてみました♪

Sponsored Link

【かぐや様は告らせたい2期 】11話:『そして石上優は目を閉じた③』あらすじネタバレ

前回に引き続き体育祭真っ最中。

応援団のパフォーマンスもキマり、石上は応援団の女装をかわいいと言ってもらえたり、今までで一番楽しいと思える体育祭に。

今までの失敗を悔やむより前に向いていきたいと思っていた石上の前に、一番忘れたかった過去が突然にやってきます。

『ずいぶん楽しそうにやってるんだね。』

と言って現れたのは石上の失敗の象徴でもある大友京子でした。

二度と会いたくなかった、存在を忘れたかった大友が突然石上の前に現れ、何を浮かれていたのかと再び絶望してしまいます。

その時石上に声をかけてきたのは、応援団メンバーで同じクラスの小野寺。

『何ぼーっとしてるんだよ。』

と声をかけ、とにかく来いと石上を連れていきます。

連れていかれた先にいたのは応援団メンバー。

団長が足首を痛めた代わりに石上に団体対抗リレーで走ってくれというのです。

大友京子の出現ですっかり自信を無くしている石上。

『聞いたぞ、中等部の頃の話』

と団長に言われ再び頭が真っ白になります。

『部じゃあ一番速かったらしいじゃないか。』

とリレーの代役を頼むのです。

対抗リレーは

体育会系団体と文化系団体と分かれ競う。

各部活や委員会の代表が走る。

アンカーを応援団の代表が務める。

各団体の意地のぶつかり合いで一番人気のプログラムになっているんです。

という訳で石上は応援団の代表という大役を任せられる事に。

白銀に応援団の代表は石上かと声をかけられても、かぐやに頑張ってと声をかけられても石上は真っ青で二人の声は届きません。

っとその時周りから聞こえてきたのは

アンカーが石上とか最悪。

何であいつがありえない。

という石上に対する中傷の言葉でした。

その時石上の頭の中には思い出したくない過去の映像が・・・

いったい石上にはどんな過去があったのか?

と気になっていましたがついに明らかに。

それは中等部の時の話でした。

クラスメイトだった大友京子はクラスの中でも浮いていた石上に笑顔で気さくに話しかけてくれる存在でした。

大友に対しては恋愛感情と言うのではなくただ良い人だという印象を持っていただけでした。

そしていつしか大友の笑顔を、いつまでも曇らせないでいて欲しいと願うように。

そんなある日、大友に彼氏ができました。

相手は荻野コウという演劇部の部長で人気者。

カップルを見ると無条件に呪う石上でしたが、めずらしく大友の幸せを願っていました。

そんな時でした。

大友の彼氏の荻野が大友を騙している事を知ります。

良い人が傷つく事が許せなかった石上はこんな事はやめろと荻野に忠告します。

そんな石上に荻野はとんでもない和解案と持ちかけます。

事もあろうに交渉材料に自分の彼女を差し出したのです。

石上は荻野に対する怒りが抑えきれず、荻野に殴り掛かります。

大友の事を何と思っているのか。

荻野に女が寄り付かない顔にしてやりたいと思ったのです。

ですがこの荻野、ほんとうに腐った奴で殴ってきた石上に

もう気が済んだだろ。

ここで手を引くなら京子には何もしないでやる。

と耳元でささやくのです。

キレた石上は大友に金輪際近づけない!

と荻野に言いますが、事情を知らない周りの人は、演劇部部長としても信頼の厚い荻野の味方ばかりで石上はストーカー扱いされてしまうのです。

大友にもこんなクズとは早く別れた方がいいと忠告しますが、

クズはお前。

キモいストーカー。

と周囲では石上を悪く言うばかり。

最もショックだったのは、守りたかった大友にも

『おかしいのはあんたよ。』

と言われてしまった事でした。

石上の優しさがこんな悲しい結果となってしまうのでした。

【かぐや様は告らせたい2期 】11話:『白銀御行と石上優』あらすじネタバレ


石上が過去がよみがえり、頭の中が真っ白になっている様子を白銀はしっかり見ていました。

『しっかりしてくれよ、石上。』

心の中で白銀は呟いていました。

大友京子の件で1か月の停学となった石上。

冷静になった石上はあの時はおかしかった、駆け引きに本気で腹を立ててしまった事を後悔していました。

安っぽい正義を振りかざして対して関りのない女子の為に余計なことをしてしまった。

自分が何もしなければ何も起きなかったかもしれない。

ほっとけば良かったと自業自得だと考える石上でしたが、課題は提出したもののどうしても反省文が書けませんでした。

駄々こねてうやむやにできると思っているのかと教師に罵倒される始末なのです。

今からでも本当の事を話したら情状酌量の余地はあるのかと思った時

荻野はチャラチャラしているけど悪い奴ではない。

お前がきちんと謝るなら許すっと言っている。

と言われ、またもや石上は目の前が真っ暗に。

そして秋が終わり冬が来ても・・・中学卒業を迎える春が来ても反省文を書くことができませんでした。

告発文も反省文も書けない、イタくて迷惑なおかしな奴。

そんな事をリレーで待機している間ずっと思っていました。

そして石上をなじる声もやまず、もういや帰りたい。

自分が紅組だったか白組だったか、どっちからバトンを受け取ればいいのかすらも分からなくなっていた石上の元に来たのは、一部始終を見守っていた白銀でした。

『アンカーが鉢巻してなきゃ締まらんだろう。』

と自分の鉢巻を石上にグッとしめてあげるのです。

『周りの視線など気にするな!』

と石上の背中を押します。

白銀、カッコよすぎです(*^^*)

かぐやが惚れてしまうのも当然ですね!

白銀と石上の男同士の絆もジーンときます!

我に戻った石上、ほっとしたように微笑み、白銀が結んでくれた鉢巻に

汗でしっとりして気持ち悪いんですけど。』

と返す余裕も。

石上は忘れる所でした。

陰で石上を支えていてくれる存在の事を。

ミコは風紀委員として石上は課題も出しているし反省している、教師の横暴だと猛抗議。

生徒会でもかぐやが石上の事件に目をつけ独自調査。

石上が誰にも明かしていなかった真実にたどりついていたのです。

反省文が書けずに絶望している石上を救うべく白銀が出現します。

そして石上に伝えます。

大友は事件数日後破局。

妙な噂もたってない。

大友は転校し今は楽しく過ごしている。

荻野も何か月も反省文を書かない石上に相当警戒していたのです。

もっとスマートなやり方はあったはずですが、荻野は悪い遊びは鳴りを潜め大友京子にも被害が及ばなかったのです。

白銀は石上は目的は達成している事を告げ、だとすると書くべき反省文は

うるせえバァカ!!

だと。

石上に良く耐えたなと優しく言います。

『お前はおかしくなんかない。』

と言って欲しかった一言を白銀からもらった石上は涙があふれて止まらないのでした。

大友はそんな事を知らず

『全部あんたのせいだ』

と石上を罵倒。

だけど石上は変わりたい、もう振り返りたくない、そんな気持ちの中

『うるせえバァカ!!』

と大友に言います。

前に進みたい!変わりたいといっていた石上が大きく前に進み、強さを見せたのでした。

【かぐや様は告らせたい2期 】11話:『大友京子は気づかない』あらすじネタバレ

石上は悪いけど、もう後ろだけ見るのは辞める。

ここで勝って、これでいいんだという事を証明させる。

どんな事を言われてもビビッて屈する事をしないと必死の走りを見せます。

それをみていたミコも

『頑張れ石上』

とつぶやくのです。

このシーンも何だか印象的です。

ここで勝って証明する・・・と懸命の走りを見せますが、石上は一歩及ばず一位にはなれませんでした。

全然ダメで何も変われなかった。

と肩を落とす石上。

そして見守っていたミコが声をかけようとしますが白銀と藤原に止められます。

その時に押し寄せたのは応援団副団長の子安先輩。

泣きながら石上にかけよります。

団長も他のメンバーみんな石上に声をかけるのです。

今まで見てなかっただけで、周りにいい人はいっぱいいる。

こんなに風景は変わるのかと笑顔をみせる石上なのでした。

そして最後の選抜リレーを応援団メンバーと共に応援するのでした。

かぐやも得のない事をしたがる子といいながらも、可愛い後輩だわ!とほほ笑むのでした。

石上が守りたかった大友の笑顔も守られていて良かったですが・・・

報われない優しさではなく、報われる石上になって欲しいと心から感じるお話でした。

体育祭は石上の応援が届いたのか、紅組の大勝利!

笑顔の石上が印象的でした(*^^*)

伊井野ミコへの手紙と押し花の送り主は誰?見守り続けた裏主人公との恋の行方も!アニメかぐや様は告らせたい2期も毎週とても楽しみで何が起こるかドキドキですが・・・ 今回は 伊井野ミコのプロフィール紹介...
Sponsored Link

【かぐや様は告らせたい2期 】11話:感想

今回は石上の過去が明らかになりましたね

石上を助けた白銀のかっこよさに心打たれました。

石上はもう一人ではない。

白銀やかぐや、生徒会メンバーも石上の事を常に気にかけているんですから。

ミコも意外にもずっと石上をかばい続けていた事も発見。

過去にとらわれず、前に進み始めた石上の恋の行方も気になります。

そしてなんといっても石上を救った白銀の男気!

かっこよすぎです。

かぐやが白銀の事を好きになってしまうのも納得です。

今回は石上がメインでしたが、かぐやと白銀のデレデレもいっぱい見たいよ~♪と次回に期待が膨らむのでした(*^^*)

【かぐや様は告らせたい】最終回結末予測!かぐやと白金は結婚する?【かぐや様は告らせたい】のかぐやと白銀の恋の行方や、生徒会メンバーとのやりとりも毎回面白くて楽しみですね。 いずれ来る最終回はどう...