エンタメ

濱崎麻莉亜は西片圭佑と破局していた?真相究明のカギ握る通報者は誰?

「いきなりマリッジ」に出演中の濱崎麻莉亜(はまさきまりあ)さんが、死去という悲しいニュースが流れてきました。

番組内で西片圭佑さんと結婚し新婚生活を送っていて、幸せいっぱいなのかな?

と思っていたのに、どうして?という気持ちでいっぱいになります。

そこで今回は

濱崎麻莉亜は結婚相手の西片圭佑と破局していた?

真相究明のカギ握る通報者は誰?

など、濱崎麻莉亜さんの死去の原因となったのでは?

と思われる事を調べていきたいと思います。

Sponsored Link

濱崎麻莉亜は結婚相手の西片圭佑と破局していた?


AbemaTVのリアリティー番組「いきなりマリッジ シーズン4」に出演していた濱崎麻莉亜さんが亡くなったというニュースが流れ、、まだ23歳という若すぎる死に衝撃が走りました。

ニュースが出た当初は死因ははっきりとしていませんでいたが、その後のニュースで自殺とみられ、捜査が進んでいる事が伝えられました。

若くて美人な濱崎麻莉亜さんに何があったのでしょうか?

濱崎麻莉亜さんはABEMA(アベマ)TVで放送中の「いきなりマリッジ・シーズン4」の番組内で「8月8日に結婚」していて、西片圭佑さんと結婚生活を送っていました。

「いきなりマリッジ」は初対面の男女に結婚届を書いてもらい、実際に結婚式をセッティング。

その後30日間の新婚生活を送り、そのまま本当の夫婦になるのか別れを選択するという番組です。

結婚式も終えて新婚生活を送っている真っ最中でした。

幸せ真っただ中と思われる中で、そこまで濱崎麻莉亜さんが傷ついたとなると、もしかすると結婚相手の西片圭佑と破局していたのでは?と思いますよね。

新婚生活については、濱崎麻莉亜さんもブログを更新し、幸せな様子を伝えていました。

ですが、そのブログが8月16日から更新がなくなっていたんです。

一緒に生活するようになると、生活習慣の違いや価値観の違いなど感じる事があるのは当たり前ですが、濱崎麻莉亜さんはその事に不安を感じるようになっていったのでしょうか?


こちらの番組次回予告では、お互いの価値観の違いがはっきりと分かります。

西片さんの意見は

パートナーが欲しいと思っているけれど、入籍にはこだわっていない。

結婚してもお互いに愛し合っていないと意味がない。

という、番組内で30日間の新婚生活で何らかの答えを出さなければいけないけれど、入籍などにこだわらず、お付き合いを深めていきたい。

愛を深めてからの入籍が良いという意見なのでした。

ある意味当たり前の大人の意見ですよね。

それに対し濱崎麻莉亜さんは

パートナーという形で結婚にはこだわっていないという考えはひっかかる。

結婚前提ではなく、事実婚やパートナー以下の付き合いでもいいのか?

人一倍家族に対しての思い入れがある事や、結婚に対して強い気持ちを持っている事を主張しました。

早く結婚したいと思う濱崎麻莉亜さんと、慎重な大人の意見の西片さんとの意見はかみ合わず、価値観の違いが見えました。

濱崎麻莉亜さんがどうしてそんなに結婚を焦っていたのか?

という風にも写りますが、ずれ始めるとケンカの原因にもなり、話し合いの中でいったん距離を置こうかという事にもなったとも思われます。

また二人でキャンプに出掛けた時にも何か意見の合わない事があったようで、濱崎麻莉亜さんが怒って先に帰ってしまうという場面が。

かなりずれが生じているようで、破局に向かっていたとも考えられますね。

真相究明のカギ握る通報者は誰?


濱崎麻莉亜さんがどうして死を選んでしまったのか?

自殺なら遺書はあったのかな?

など気になりますが、他にも気になるのは警察が濱崎さんの遺体を発見した経緯ですよね。

誰が濱崎麻莉亜さんが帰らぬ人になったのを発見したのでしょうか?

その人物が濱崎さんの死について何らかの事情を知っているはず!

と思いますが、第一発見者については公開されていません。

結婚相手の西片圭佑さんのショックを考えると、西片さんは大丈夫なのか?と心配になります。

ネットでも

・とてもショックです。ケイスケさんが心配です

・言葉が出てこないです。ただ、お二人の幸せをみたかったです。

・何があったか分かりませんが無理しないでくださいね

このように西片さんを心配する声が多数見られます。

まだお若い濱崎さんが亡くなった事はかなりショックでしたが、西片さんのこれからも心配です。

Sponsored Link

まとめ

結婚はやはり30日で決められるものではないし、そういう番組はもうやめた方がいいと本当に強く感じました。

結婚に向けて真剣な気持ちになるのも、慎重になるのも分かります。

もう誰も傷ついて欲しくないです。

濱崎さんのご冥福をお祈りします。