お役立ち

【ドコモ口座事件】被害にあわないための対策はある?連携銀行一覧も!

NTTドコモの電子決済サービス、ドコモ口座を使って、銀行の預金が不正に引き出される被害がニュースになっています。

ドコモ口座を作っていないから大丈夫!

と、他人事のように聞いていましたが、内容を把握すると誰もが被害にあう可能性がある事が分かり、あまりの怖さにどうしたらいいのかと心配になります。

そこで今回は

【ドコモ口座事件】はどのようにして起きた?連携銀行一覧も!

【ドコモ口座事件】被害にあったか調べる方法は?

【ドコモ口座事件】被害に合わない対策はある?

など調べてみました。

Sponsored Link

【ドコモ口座事件】はどのようにして起きた?

ドコモ口座事件とは、

・別人の名前を騙ってドコモ口座を新規開設。

・不正に入手した連携銀行の口座や暗証番号と紐付けることで、預金からお金を引きだす。

という手口です。

不正に入手した連携銀行の口座というのが問題で、ドコモ口座と連携している銀行で取引している方は被害にあう可能性があるということです。

こちらの事件が起こってしまったのは

簡単にドコモ口座が開設できる

というのが最大の要因です。

ドコモ口座を開設する時にメールアドレスだけで開設できて、身分確認がないので、本人でなくても口座を開設できるのです。

今回被害に合った方は、身に覚えがないドコモ口座をいつの間にか作られていたという事です。

ドコモ口座と連携している銀行

気になる連携銀行35銀行は

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • 伊予銀行
  • 池田泉州銀行
  • 愛媛銀行
  • 大分銀行
  • 大垣共立銀行
  • 紀陽銀行
  • 京都銀行
  • 滋賀銀行
  • 静岡銀行
  • 七十七銀行
  • 十六銀行
  • スルガ銀行
  • 仙台銀行
  • ソニー銀行
  • 但馬銀行
  • 第三銀行
  • 千葉銀行
  • 千葉興業銀行
  • 中国銀行
  • 東邦銀行
  • 鳥取銀行
  • 南都銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 八十二銀行
  • 肥後銀行
  • 百十四銀行
  • 広島銀行
  • 福岡銀行
  • 北洋銀行
  • みちのく銀行
  • 琉球銀行

となっていて、こちらの銀行の口座をお持ちの方はもしかしたら被害にあっているかもしれない・・・という可能性がでてきます。

次の項目では被害にあっていないか調べる方法を調べていきたいと思います。

【ドコモ口座事件】被害にあったか調べる方法は?

ドコモ口座の不正引き出しの被害にあっていないかという事ですが、上記の連携銀行35銀行に口座をお持ちでない方は被害に合う事はありません。

口座をお持ちの方は

該当する銀行の預金通帳の履歴に身に覚えがない「ドコモコウザ」や「デイーバライ」への引き落としの記載がないか

という点をチェックしてください。

ひとまず被害に合ったという確認ができるのは通帳記帳をする事しかありません。

預金の残高はチェックしている方は多いと思いますが、通帳の記帳は数か月に1度しかしないという方もいらっしゃると思います。

ネットで買い物が出来たり便利な時代になって、ネットショッピングを利用される方も多いという事も考えると、知らないうちに自分の情報が盗まれて、今回のように身に覚えのない引き落としがあってもおかしくないですよね。

そうなるとこまめに通帳記帳をする事の重要性を痛感します。

私もどちらかというと記帳は数か月に一度なので、これを機にこまめに記帳しないといけないなぁーと思いました。

Sponsored Link

【ドコモ口座事件】被害に合わない対策はある?

今回どのようにして犯人が銀行口座や暗証番号を入手したのか?

という事が本当に気になるし、気が気でないところですよね。

ドコモ口座と銀行口座を紐づけするのに必要な情報は

氏名

口座番号

暗証番号

この3点です。

インターネットショッピングなどをよく利用される方でも銀行口座は登録しても暗証番号は登録しないですよね。

そうなると口座番号や暗証番号など固定し、ひっかかった方の口座番号や暗証番号などが盗まれてしまったという可能性がでてきます。

被害に合わないための対策としては

暗証番号をよくある番号に設定しない。

暗証番号をこまめに変える。

というように、自己管理をしっかりするしかないようです。

ゆうちょ銀行をご利用の方からは窓口に行くと『ドコモ口座開設履歴』を調べてもらう事ができるという情報も!

『ドコモ口座開設履歴』を調べてもらえるという情報は役立ちますね!

今被害にあってなくても今後どうなるか心配という方は調べてもらうと安心ですね!

このように知らない間に自分のお金が消えてしまうというありえない事件が起こってしまう世の中なので、面倒でも預金の自己管理が必要ですね。

被害がこれ以上拡大しない事を祈るばかりです。